Google+

2013年10月17日木曜日

野営体験*カブ隊*2013/10/13~14その2

野営二日目です。朝6時起床。夜は少し冷えたようです。
すぐに朝食作りです。メニューは牛丼。パックごはんとレトルト牛丼を温めるだけ…ですが、また薪に火をつけるところからスタートです。




大鍋で温めて、できあがり~。みんなおいしく食べてました。





朝食後、ローバー隊による点検があります。炊具の片づけ、寝袋を干してテントをあけて風を通す、荷物を整理してまとめておく…など、昨夜のイエローバーミーティングで言われたチェックポイントに気をつけてすばやく片づけていきます。点検の前に制服に着替えて、点検してもらいます。





そのあと朝礼です。







朝のゲームは、お昼ごはんのホットドッグの食材をもらうため、食材に釣りあうものを探すゲームです。お題は「秋を感じるもの。」お題にあったものをかごに入れて重ければ食材ゲットです。
二組は落ちていた花梨の実をいれ、一組は栗を沢山拾ってきて山盛りにかごに入れました。
どちらもクリア!無事、食材をもらえました。

昼ごはんは各自火をつけてアルミホイルにくるんだホットドッグを温めます。
普段の生活であまり使うことがないマッチを使うので、なかなか火がつかない子もいましたが、全員火をおこせました。


ホットドッグはあったまっていておいしかったです。






昼ごはんのあとはてつ営です。楽しかった野営ももうすぐ終わりです。つかったものはすべて片づけて、ごみもひろいます。テントやフライも協力してたたみました。

備品はもとあった場所に戻します。















 







最後は閉所式です。少し解散時間が遅れましたが無事終われました。





今回の野営体験は各組どっちが時間を守ってできるかも競いました。次長が時間を気にして、組長が指示を出しみんなで指示に従う…というのを目標にしてました。なかなか難しかったですが少しは各自自分の役割を考えて動いたように思いました。今回のめあては「ぼくたちだけで」でした。自分で火をおこし、食事を作り、自分たちで建てたテントで寝る…まさにぼくたちだけを体験できた二日間でした。そして、やさしく時にはピリッと指導して下さったローバー隊の皆様本当にありがとうございました。